手摺の高さや形状はどんな形がある?手摺棒の太さは?どこに取付れるの?プロがざっくり解説

介護リフォーム

高齢になると足腰の力が弱まり、浴室やトイレでしゃがんだり、立ち上がったりと今まで普通に出来ていた動作に負担を感じることも増えると思います。また転倒の恐れもあり、事故の恐れのある住まいでは安心して暮らせれませんよね。ですが手摺を取付けると検討しても、色々な形状や手摺棒の太さなど種類が多いです。また取付ける高さなども分からないという方もいると思います。

そこで簡単にざっくりまとめましたのでご参考にしてください。

手摺の高さは何センチがいいの?

一般的には床や地面から750㎜〜850㎜に取り付けます。腕をまっすぐ降ろした時の手首の位置が適した位置です。大勢の方が使用する場合は800㎜の位置に付ける事が多いと思います。高すぎたり、低すぎると逆に体に負担がかかります。しっかり検討した上で取り付けるべきでしょう。

手摺の形状はどういった形があるの?

手摺は取り付ける場所や使用目的によって適した形状を取付ける事が重要です。
形状などが適していない場合は、逆に体に負担をかける可能性もあり、せっかく付けたのにまったく使わないなど良く耳にします。
そんな事にならないように解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

手摺の形状は『水平型』『縦型』『L字型』の3種類があります。

水平型手摺

水平型は言葉の通り、床と水平に取り付ける手摺のことを言います。最も一般的な手摺だと思います。
浴室、トイレ、廊下に取り付けることが多く、役割としては歩行の補助や姿勢を安定させることが目的です。
高齢者にとっては姿勢を安定させる事が事故の予防になると考えられるので浴室やトイレにも設置をお勧めします。
また手摺を持ったまま歩行が可能な為、距離の長い廊下に付けることで日々の生活が楽になるでしょう。

縦型手摺

床に対して垂直に取り付ける手摺の事を『縦型』と言います。しゃがむ、立ち上がるという動作を補助したり、上下の動作の補助を目的とし設置します。

L型手摺

名前の通りL型の形状の手摺です。水平型と縦型が合わさった形です。トイレにつける事が多く、水平型にて姿勢を安定させる事ができ、上下の動作では縦型を使用出来ます。

適した手摺の太さは?

手摺棒はΦ32㎜〜Φ36㎜が一般的でしょう。目安としては指が軽く触れる程度がベストです。
ですが実際は握った時の感覚が大事です。一番しっくりくる太さで力が入りやすい太さを選ぶべきだと考えます。

セーフティタイプがお勧め

手摺棒にはフラットタイプとセーフティタイプと呼ばれるものがあります。
フラットタイプは文字通り手摺棒に加工がされていなくフラットな手摺です。セーフティタイプとは手摺棒の裏側が波型の形状になっているものです。滑りにくく、非常に持ちやすい為お勧めです。

手摺はどこでも付けれる?

手摺は下地さえあればどこでも付きます。コンクリート面ですと、オールアンカーというものを使用し取り付けます。木造の場合は303㎜ピッチか455㎜ピッチに下地が入っています。
よく分からない場合は下地探しという工具を使用し探すことをお勧めします。マンションなどで軽量鉄骨下地にて施工を行っている物件も木造と同じく、303㎜ピッチに下地が入っています。
新築の場合、建築中にベニヤなどであらかじめ手摺が着く範囲に下地を入れておく事も可能です。施工会社とよく打ち合わせを行いましょう。

まとめ

  • 手摺高さは750㎜〜850㎜または腕をまっすぐ降ろした時の手首の位置
  • 手摺の形状は一般的に『水平型』『縦型』『L型』の3種類
  • 手摺棒の太さはΦ32㎜〜Φ36㎜が一般的。指が軽く触れる程度がベスト

手摺を取り付けると本当に日常の一部として活躍してくれます。それほど使用頻度が高くなる為しっかりとご自身の使用箇所や使いやすさにこだわり取り付けましょう。しっかりと信頼できる業者や大工さんと相談し安心で安全な住まいを作りましょう。

タイトルとURLをコピーしました